T氏の”IL・CANNON”制作記17

T氏もだいぶ制作に慣れてきたようだ!相当やり直しを重ねて、モールドに側板を貼付した。にかわの具合もわかってきたようである。クランプでアッパーヴァウツの側板をつけると、いよいよ、天板のハギ加工に入る。

水平、直角、平面を徹底追及で挑む、この工程が前半の最難関である。

アーカイブ

鎌倉山弦楽器工房

神奈川県鎌倉市寺分2-26-12

☎︎ 0467-44-8665

✉︎ norisan@n-info.co.jp

  • Facebook - Grey Circle

お問い合わせ

工房に関するお問い合わせ、また生徒募集や見学などに関するお問い合わせもこちらからどうぞ。

©︎ 鎌倉山弦楽器工房 2020