堀井さんの”DAVIDOV1/4”制作記4

堀井じーじ、ニューヨークの孫ちゃんへのお土産でチェロを創っている。ヴィオラと変わらない47cmの胴長である。丁寧に創るジージである。ライニングを決め。5mmのワッシャーを使いアウトラインを切る。さらに、ラフの厚みを決め、えぐりカッターを使い大体の等高ラインを削る。ジージー、削りかすを頭に付け一生懸命だ。早く作らないと孫はあっという間に成長する。頑張れじーじ!