小林先生の”ガスパロ・ダ・サロ”ヴィオラ制作記1

07年から08年にかけて、2年がかりで、チェロ”ガリアーノ”を制作、第1回目の手創り弦楽器フェアに参加評判をとったチェロであった。久しぶりに来房。もともと青山学院管弦楽団のヴィオラ奏者であったお嬢。やはりヴィオラへの情熱が覚めない!”ガスパロ・ダ・サロ”のヴィオラを創ることとなった、先ずポスターから型をトレース。モールド創りのため6mmのシナベニアに写し、バンドソーで切り抜く。あっという間にモールドが出来上がった。