STRAD "savionari "ギター制作記4

ストラディヴァリ、はアマティーの工房で修業し、ストラデイヴァリウスとして発展してきた。300年たった今、自分の音はわからないし、今日こんな高値がつくなど全く分かっていない。歴史はそういうことだと思う。ヴァイオリンを制作する前にアマティーの工房でギターを創っていたという説がある。サヴィオナリを創るべく、米山先生の指導を受ける。表板のハギを終わり、ネックの制作に入る。先生の設計通りにバンドソーでカット、ネックの原型が出来た。