STRAD "Savionari"ギター制作6

裏板のローズウッド、のハギ、何回やっても思うようにいかない。チェロ制作のときのハギは慣れていることもあり、簡単にできるがギター制作のハギは極めて難しい、先ず、ローズ・ウッドの4mm弱の薄さをはぐことに難しさを感じる。何回も経験する必要がある。ドラムサンダーという利器がある。これはギター制作家が使っていると、米山先生に教わり、これはチェロ制作の1番の難関、サイドメープルの削りに、ぴったりのマシンと考え、購入する。案の定、まさに我々が欲していたマシンである。これからのチェロ制作には、必要不可欠のマシンとなる・・・。