小林さんの”ガスパロ・ダ・サロ”ヴィオラ制作記7

小林さん、順調に、スピーディーに進んでいる。天板からライニング用の板を削りだす。形をスタンレーで整え、ドラムサンダーで1・5mmの厚みにする、ノミやすりでかたち、長さを調整しながら、モールドに取り付ける。小林さん順調に進み、ライニング貼付を完了した。それでこの”ドヤ顔”となった。