左利き用のチェロ

小生宛のメールで、左手指をけがして、チェロを弾けないというメールが入った、さっそく従来、右利き用のチェロを改造して、左仕様にしてみた。チャ-リー・チャップリンが”OH THAT CELLO”というCDを出している。そこではチャップリンは左仕様のCELLOを弾いている、聴いてみた、ごく普通のCELLOの音であった。いろいろ研究してみた、結果、先ず従来、創ったCELLO モンタニアーナの ”Sleepinng・Beauty”を弦をさかさまに取り付けブリッジの傾きを逆にして、作ってみた。結果、全く同じ音であった。むしろ低音部(C)は朗々と響いた・・・。今後研究材料である。