南さんの”Sleeping ・Beauty"制作記11

南さんヴァイオリン、ヴィオラ、チェロと、網羅し立派なヴァイオリン作家となっている。今回2台目のスリーピング・ビューティーに挑んでいる。今回は天、地板ともに当工房の1番古い材料(100年もの)を使用、徹底して丁寧に創っている。よい素材、丁寧な技術、感性、自分流の音への願望、こだわりが。氏、何台も弦楽器を創っているアイデンティテイー・・・。そんな経験値から名器を生み出そうとしている・・・。そしてこの”ドヤ顔”である。自信の表れか??ライニングの完成!