小林さんの”ガスパロ・ダ・サロ”制作記9

昔、青山学院管弦楽団のヴィオラ奏者、懐かしのビオラを創って弾く、当工房の是を、その通りに行っている…。しかし素材が厚く、なかなか力、と時間がいる、そこで、電動に頼ることにする。あっという間に周囲が6mm幅に仕上がった。ここから微妙な線は小カンナで攻める・・・。