南さんの"Sleeping ・Beauty"制作記19

氏、小生の口出しすることなく、立派な作家になっている。小生が30年前から温存していた、キルト・メープルのネック制作に、挑む、そのままでキルトのイメージが削るたびに強調される。直角、水平、垂直がっちり守って制作に励む、削っていて楽しくなる天然の模様である。