ストラディヴァリSAVIONARI制作記14

裏板のバス・バー制作にかかる。米山先生によるとハギの強化とおんきょうのためという・・。 弦楽器のバス・バー付けは、クランプでがっちり止めるが、ギター制作の場合は竹で抑えるというアナログな世界であるが、実にやさしいしかもがっちりとつく仕掛けであることがよくわかった。

アーカイブ

鎌倉山弦楽器工房

神奈川県鎌倉市寺分2-26-12

☎︎ 0467-44-8665

✉︎ norisan@n-info.co.jp

  • Facebook - Grey Circle

お問い合わせ

工房に関するお問い合わせ、また生徒募集や見学などに関するお問い合わせもこちらからどうぞ。

©︎ 鎌倉山弦楽器工房 2019