篠田さんの”ガスパロ・ダ・サロ”制作記7

篠田嬢、じゃんじゃん進む、何かに衝かれたように、前に進む、制作魂の根幹である、早く美しく削る、宗像志功が書いている。正に志功的業である。地板の平面をきっちり出し、バンド・ソーで切りだす。さらにボール盤を使いガイド・ホールを創り、小カンナであっという間。表面のラフ仕上がりまで持っていく。カンドーーーー!!