川口さんの”MESSIA”制作記29

久しぶりに川口さんやってくる。旦那さんの商売が順調に発展して趣味のMESSIA 創りもままならないようだ。才能豊かな川口嬢、当工房のピアノの調律も引き受けてくれた。メシアの進み具合は通えないため遅々として進まない。例によって子分の大西君を使い徐々に天板、地板のアンジュレーションがまとまってきた。2020年の第10回手創り弦楽器フェア―には間に合いそうだ!!