川口さんの”MESSIA”制作記32

川口さんも、パワフルな女性である。なんでもできる。懐石料理教室の先生、ピアノ調律師、ヴァイオリニスト、今回はヴァイオリン制作家、ヴァイオリンのガタツキを直すためやすりをうまく使う。さらに子分の大西君をうまく手伝わせ、ネックの粗どりを完成させた。10月の”第10回手創り弦楽器フェア―”に向け完成を急いでいる。彼女の明るさは、工房全体を照らす…。