堀井さんの”ピエトロ・ガルネリ”のヴィオラ制作記2

ヴィオラ制作で、クアルテット完成である。チェロの1枚板の残りでヴィオラのバックが出来ると、共板の共演である。