紀保子先生の”レッスン会”

久しぶりのレッスンにみんな勉強してきたあとが見えた。10周年に向け、工房是”創って弾く”を実践すべくみんなそれぞれ、自分の持ち曲を練習してきた。紀保子先生の指導よろしきを得て、上達している。しかし楽器よりも酒の時は、生ピアノ伴奏の歌が一番乗るようだ!!いつみても紀保子先生酒が似合うピアニストである。