おはし先生の”GASPARO・DA・SARO"制作記20

おはしさん、青学時代オケでヴィオラパートを一手に引き受け、みんなをリードしていたことを思い出 す・・・・50年前の話である。天板裏面の削りだし。最高厚み3・7mm、他の部分はほとんど、1・8-2・5mm迄掘り進む、いよいよ形が見えてきた。

アーカイブ

鎌倉山弦楽器工房

神奈川県鎌倉市寺分2-26-12

☎︎ 0467-44-8665

✉︎ norisan@n-info.co.jp

  • Facebook - Grey Circle

お問い合わせ

工房に関するお問い合わせ、また生徒募集や見学などに関するお問い合わせもこちらからどうぞ。

©︎ 鎌倉山弦楽器工房 2020