Yuu君の”DAVIDOV"制作記19

Yuu君、半年前に、当工房を訪れた、まだまだ、中学1年生、子供子供した少年であった。ところが、この半年でぐっと青年になってきた、チェロ制作のせいか?10CMも伸びたようである。ネックをつけ、自作のラヴェルを張りサインする。ホワイト・チェロのカンセーーイである。立派なチェロ作家となった。而してこの”ドヤ顔”となる。来週からブラウンのニス塗が始まる。