top of page

"BROTHER・AMATI"5絃チェロ制作記14

天地板のラフ削りを終えネックの創り出しに入る。5絃だけに今までと違い、パターン創りをより、慎重に設計する。ポスターからトレースするのも慎重を極める。さらにネック材もよりバロック時代の木材を選び、平面を出す。さらにヴァーティカルが絶対条件のため、直角を出すためのバ~を張り、クランプで固定。女房殿、気合を入れいよいよ確信に迫ってきた・・・。























Comments


アーカイブ
bottom of page