top of page

大内さんの”G・P・MAZZINI"制作記18

氏、大詰めに近付いてきた。ネックをつけてみると、角度、隙間を発見。さっそくクランプで締める。ネックを仮止めしてみる、指板の表面の角度、ちょっと調整が必要と小カンナ調整。ばっちり表面に対する数字(19-21mm)も合わせた。ネックの表π42R,さらに指板の裏側の厚み調整、すべて完了。次回は、ホワイトマッジー二完成か?













アーカイブ
bottom of page