石川氏のマッテイオ・ゴフリラー制作記11

地板のアンジュレーション出しにかかる。氏も若く見えるが大台を超えたという。小生も後期高齢者の仲間入りをした。お茶タイムに入るとどうしても年の話にナル。年に関係なくこの弦楽器制作という究極の藝術にみんな没頭する。石川さんもそんな一人である。エグリカッターで大体の輪郭を荒削り、いよいよ本格的削りに入る。カリパーで大体の厚みを計り、創った、ゴフリラーのゲージに沿ってアーチを創っていく。