top of page

大内さんの”G.P.MAGGINI"制作記17

氏、バスバーのめどが立ったと、ひたすら、地板の内側削りに没頭‥‥アメリカ製の、小カンナ、ノミを仕入れ、削り音を楽しみながら削る。これはヴァイオリン制作者の醍醐味である・・とおっしゃりながらけずりまくる。











Comentários


アーカイブ
bottom of page