top of page

岡部さんの”DAVIDOV"制作記41

苦節1年いよいよ大詰めに近付いた・・・。ネックの具合を確かめ平面をきっちり出す。さらにオリジナル制作のラヴェルを張る。300年後に開けられたとき、この人は?こんな人だったと判断される…。タイムカプセルのようなものだ、氏、相当力を入れ創ったラヴェルである。膠を塗り、アルコールランプで液状化・いよいよ閉じる!チェロ作家の夢の実現である、ホワイトチェロのカンセーーイである・・・。みんなの祝福の嵐を浴びる!!























Comments


アーカイブ
bottom of page