top of page

武江さんの”IL・CANNON"制作記55(完成編)

氏、コロナ禍4年の歳月をかけて”IL・CANNON"の完成である。氏はターへ楽団のコンサートマスターであるが、いよいよその、実力発揮というところに来た。小生、倉沢先生もご相伴に預かり、試奏した。高音のきらびやかさ、低音のずしっと腹にしみる音、何台も創ってきた実績から、ガルネリのちょっとやんちゃな音に感ずる。11回手創り弦楽器フェアーに出品される。是非、触って、音出しを願う









Comentários


アーカイブ
bottom of page