堀井さんのDAVIDOV制作記23

バス・バーの完成である、非常にいペースで進んでいる。赤いチョークを使って天板にぴったりつける。ちょっとでも隙があるとビビリオンとなる。大切な接点である。無事終えて、いよいよ天板とモールドの設置である。天板方面の余計な部分は極力落とす。すっかり余分のぜい肉を落としたら天板の接着である。