古川さんの”クライスラー”制作記21

古川さん、バスバーの制作に入る。天板の端からバスバー材を取る。出来るだけ同種の材がいいという・・。天5mm-地7mm粗削る。さらにチョークを天板に塗り、擦り合せ、赤くついたところを小カンナで落とし、ぴったりフィッテイングさせる。氏、3台目の実績でいとも簡単にフィットさせた・・・。

アーカイブ

鎌倉山弦楽器工房

神奈川県鎌倉市寺分2-26-12

☎︎ 0467-44-8665

✉︎ norisan@n-info.co.jp

  • Facebook - Grey Circle

お問い合わせ

工房に関するお問い合わせ、また生徒募集や見学などに関するお問い合わせもこちらからどうぞ。

©︎ 鎌倉山弦楽器工房 2020