篠田さんの”BETTS”制作記11

篠田さん、ほぼ完成の域に入ってきた、いつもながらお嬢のスピードには驚かされる。ブラジル人のコメンテーターにバス・バーのなんたるかを説明するお嬢。何をやらせても、的を得ている。バス・バーの寸法を設計図から、取りバンド・ソーで切りぬく。天板の内側アンジュレーションに合わせて小カンナでフィッテイング。取り付ける。すっかりヴァイオリン職人に育っている。