万里さんの”ALARD"制作記5

早い早い、手先の速さと、ちから強さで小生の教授が追い付かないくらいスピード感がある。側板の余分部分をのこで切り落とす、アッパー、アンダーの木口を強調する。美しい側板の出来上がりである。さらに、のりしろと、頑丈さを見越し。ライニングを加工、貼付する。ここで洗濯ばさみが、効する。早い早い!!