大内さんの”ガスパロ・ダ・サロ”制作記3

木工を大分経験してるようだ。やすりの使い方の粉の使い方、はプロレヴェルである。あれ!!もう出来たじゃない??これは氏がキットのチェロを創ったらしい。なかなかの出来栄えである。ガスパロを創るということで、寸法を採寸、10mmほど大きいので縮めることになった。胴付き鋸もうまく使える。経験者と見た・・・。アッパーヴァウツ、アンダーヴァウツの側板を曲げ貼付するためにブロック加工。やすりを操る手も一流である。












アーカイブ