堀井さんのダヴィドフ制作記21

2016. 2. 10. Wed 堀井さんのダヴィドフ制作記20

堀井さん最終追い込みにかかる。先ず、バスバーの幅を合わせる。さらに厚み合わせ長さ合わせと順調に進む。すっかりマエストロどの工程をとっても隙間なくこなしてきた。半年でここまで来た人は皆無である。自宅工房の威力である。いよいよ難関の天板裏面合わせ、チョークを塗ってそのアンジュレーションを合わせる。