石川氏のマッテイオ・ゴフリラー制作記16

石川さん、なかなかの手練れである、エッジの平面4㎜に統一、パーフリングに備え天地板を閉じる。ネックの制作、ゴフリラー独特のヘッド(後頭部が張っている)、そっくりトレースしバンド・ソーで切り抜く。またまた楽しい作業の始まり始まり…未知の工作に挑むこれがこの芸術の素晴らしいところである。