高橋さんのブラザー・アマテイー制作記20

ぶんさんも一気に進んできた.天板を閉じ。ネックの仕上げにかかる、寸法通りに計ってはノコ、計ってはノミと微妙なラインを掘っていく。左右均等を計りながら進む。来週はネック付になるか??

大西さんのSTRAD,”クルーズ”制作記33

宝石作家の氏は、木工にも優れた才能を発揮する。天板のアンジュレーションを決めバス・バーの位置を整地する。やすりを使いフィッティングさせ完成。さらに指板の正確なそりもやすりでこなす。やすり使いの名手である。将来的には日本一流のヴァイオリン作家となる・・・!

菊地さんの”MESSIA”制作記35

氏、いよいよ完成に近付く、裏を決める前に表側のFのえくぼを創るため 先にF字孔を掘る。最後の追い込み、を丁寧に掘って裏側を3・5㎜-4㎜のえくぼにする。これがきれいなFとなる・・・。

石川さんのマッテイオ・ゴフリラー制作記25

自宅工房の威力発揮で着々といいペースで進んでいる。裏を掘りすぎないようにと先にF字孔を掘るが?。さらにバス・バーをつけるため天4・7mm、地7・6mmの幅にスタンレーで削る。直角を保ちながら裏面にフィットさせるべくチョークで合わせる。バスバー装着。完璧か???

高山さんの”BETTS”制作記8

氏、アメリカ東京行ったり、来たり大忙しである。そんな中のヴァイオリン創り・・。天板のパーフリング溝掘りである。1・2mm幅、2・8mmの深さ丁寧に掘る、どうしても太くなってしまうので最新の注意でが必要だが!!?

クラウディオ君の”IL・CANNON”制作記20

クラウ君も、そろそろ完成に近付いてきた地板の表面を180番のペーパーで研ぐ。裏側を9mmで統一するべく削る。IL・CANNONは裏板がチェロなみに6・7mm(最厚)と厚い。ガイド・ホールなく小カンナで削る。大体でたところで天板のパーフリングに挑むC字を入れアンダー、アッパーのパーフリング入れたところで、タイムアップどうだと”ドヤ顔”となる・・・。

徳永氏のデルジェス”ロード・ウィルトン”制作記9

とくさん、同時に2台創っている。いろいろ後で比較検討するためか。氏、JAXAのロケット博士、宇宙的神秘さをこのヴァイオリン制作に求める?。奥が深く、到達点がわからない・・?徳さんおしえてチョ!!かくしてC字の側板を曲げる。

高橋さんのブラザー・アマティ―制作記19

氏、山登りが第一の趣味である。先々週、剣岳を制覇したと思ったら今週は富士山を一合目から上るという.第2の趣味か楽器創り大分進んできた。天地最大14mmに最先端は0・5mmに加工してバス・バーの完成である。次回はいよいよアマティ―のヴィオラの箱完成だ!ネック加工も順調もう少しだ!!富士山の頂上で弾いたら感無量だぜ!!

大西さんのSTRAD”クルーズ”制作記32

大西さんも完成に近ずいた。天板のレシピを追求しほゞ完ぺきにした。さらにバスバーの削りだし、F字孔の作成でクルーズの箱が出来上がる。最近、新しいヴァイオリンの先生にかわり、かっこから全然変わってヴァイオリニストらしくなってきた・・。クルーズの音楽しみだ!

篠田さんの”スリーピング・ビューテイー”制作記16

篠田嬢、順調に進んでいる。女性でここまで順調に来た人はいない・・。驚きの極みである・・!地板のハギを終えたと思ったら荒削り、中削りまであっという間にこなした。早ければいいってもんじゃないが正確に丁寧にこなしている。今度は天板のハギに移る。平面、垂直、直角すべて完ぺきに終え、ニカワをつけ。あっという間に6時間・・・。楽しい仕事は時間のたつのを忘れる!!

三田さんの”ピエトロ・ジャコモ・ルジェーリ制作記38

氏、慎重派、やっとF字孔の掘り出しにかかる。ルジェーリのF字は左右均等でない、したがって反転させるか?どうか迷ってやはりレシピ通りにコピーすることとした。ポツ単位のレシピであるが忠実に掘り出す・・・而してこの”ドヤ顔”となった・・・・?!

桑山君のガリアーノ制作記2

桑山君1番若い!!何台も作れるうらやましい!ガリアーノはストラディヴァリの弟子でモンタニアーナと並んで高弟と言われてきた。その作品をきっちりコピーするという事で張り切っている・・・。以前創ったテンプレートが腰がないという事で1・5㎜のシナべニアニトレースしなおす。さらにモールドにピンを打ち、ブロックコーナーを削る。さらに側板、およびブロック用の穴をあける。いよいよチェロの形が現れてきた。

倉沢さんのMESSIA制作記8

倉沢さん、順調に進んでいる。先週モールドに側板をつけたが膠が緩かったかはがれた。補修してから大体の平面を出す。さらに天板の”ハギ”前半の難しい仕事をいとも簡単にこなす。はたがねでがっちり止める。順調にライニングのカットまで一気に進んだ・・・。

石川さんのマッティオ・ゴフリラー制作記24

自宅工房が役立っている。当工房でやったことを自宅で完ぺきにこなす。その哲を踏む、見事にそれを実践してきた。したがって、進行も早い・・。ボール盤で空けたガイド・ホールを自宅でこなす。而してこの”どやがお”となる。来週はF字孔、とバス・バー順調だ!

J-COMがやってきた!

鎌倉在住、吉本の芸人野々垣耀大君、斎藤まさつぐ君のコンビが当工房を訪れた。”鎌倉〒の旅”という番組らしい。〒番号の面白現場を訪ねていく企画らしい。 http://kamakurashitsu.com/ ・番組facebook https://www.facebook.com/mailtrip/

古川さんの”DE・MUNCK”制作記34

古川さん、手創りのラヴェルを張る。最後の追い込みネックの切り出しにかかる。あらかじめ平面、直角、を出しておいたメープルをバンド・ソーで切り出す。表面、裏面の平面をさらに追及する。

徳永氏のデルジェス”ロード・ウィルトン”制作記8

ロケット博士の氏、ロケット打ち上げと重なって忙しい。ロード・ウィルトンは銀行家でアマチュアのヴァイオリニスト,ヘンリー・ホッツインガーのコレクションの中で群を抜いて高価な値段がついている。氏2台同時に創っている、いろいろ変化をつけながら創るらしい。氏も小生が指導しなくても十分ヴァイオリン作家の素質がある。娘でアタッカカルテットのヴァイオリニスト慶子さんの指導の方が的を得た作品創りになるようだ!!

高橋さんのブラザー・アマテイー制作記18

高橋さん多趣味である。先週は剣岳の登山、ヴァーテカルな崖を踏破、すっきりとした満足感が顔に表れている・・・。天板裏側を仕上てバスバーの削りと装着、さらにネックの荒削りへと進んだ。なんとか展示会には間に合いそうだ!!

大西さんのSTRAD ”クルーズ"制作記31

氏、久々の登場である。天のアンジュレーション微調整して天地の裏側、ガイド・ホールを開ける。あっという間に仕上げた。展示会が12月という事でちゃくちゃく進行を図る。宝石作家の氏、実に安心してみていられる。

アーカイブ
記事一覧

アーカイブ

鎌倉山弦楽器工房

神奈川県鎌倉市寺分2-26-12

☎︎ 0467-44-8665

✉︎ norisan@n-info.co.jp

  • Facebook - Grey Circle

お問い合わせ

工房に関するお問い合わせ、また生徒募集や見学などに関するお問い合わせもこちらからどうぞ。

©︎ 鎌倉山弦楽器工房 2020