富川先生のペグ制作教室

富川君”第9回手創り弦楽器フェア”デチェロ部門第1位を獲得。自信にあふれている。音といい、形といい、本当にトップ撮るだけのチェロを創った。ペグ・シェーパーとぺグ・リーマーの角度合わせを徹底的にやる。ペグのあたってないところをやすりで丁寧に擦る。カッターで出幅ぎりぎりを落とす、さらに100番、400番の紙やすり、出の調整をする、クレヨン、チョークを使い、ぎりぎりと音の出がきれいに止まった。

篠田さんの”BETTS”制作記2

篠田嬢、”第9回手創り弦楽器フェア”で、ヴァイオリン部門で、またまた第1位を取った。その勢いでBETTSを創ろうということでブロックを削り、側板を曲げC字コーナーにはめ込む、さらにアンダーバウツのブロックを削りあっというまに側板もつける・・・・。見事なスピードである。その後はゾノ先生に教わってチェロレッスン。本当にスーパーレデイである。

菊池さんの”DAVIDOV”制作記48

菊池さん、4年越しにダヴィドフに挑んでいる。やっとネックのアリ加工を終え、指板をつけ曲がりのチェック、すべてが順調と言うことでいよいよ取り付けにかかる。膠を塗りネックを仕込む、さあ!!あとは裏板の微妙な厚みを決めれば<いよいよホワイトチェロの出来上がりである。満足そうな、氏の表情であった。

第9回”手創り弦楽器フェア”

細々始めた”手創り弦楽器フェア―”も第9回を迎え、年々盛んになってきた。”創って弾く”をモットーに始めたフェアーも、みんなの努力で、下手ながらも、徐々に進歩していく様が手に取るようにわかる。恒例の大合奏も年々すぐれた”ァイネ・クライネ・ナハト・ムジークになってきた。モーツアルトも喜んでいるはず!しかも今回の展示会におけるヴァイオリン部門篠田嬢、チェロ部門、富川君が人気投票NO1に選ばれた。榊原紀保子先生、植草ひろみ先生、加藤和美先生、おとめさくらこ先生、杉山のび太先生、みんなの協力ですばらしいイベントになってきた、NHK J・COM,TV神奈川、NTV,読売新聞、朝日新聞、のマスコミも”手創り弦楽器フェアー"と言うことに、興味を示されているようである。しかも自分で創った楽器を弾くというイベントは、日本全国このイベントしか記録されていない。来年10周年記念大会。みんなそれぞれ、気合をいれている…。

堀井さんの”DAVIDOV1/4”制作記4

堀井じーじ、ニューヨークの孫ちゃんへのお土産でチェロを創っている。ヴィオラと変わらない47cmの胴長である。丁寧に創るジージである。ライニングを決め。5mmのワッシャーを使いアウトラインを切る。さらに、ラフの厚みを決め、えぐりカッターを使い大体の等高ラインを削る。ジージー、削りかすを頭に付け一生懸命だ。早く作らないと孫はあっという間に成長する。頑張れじーじ!

T氏の”IL・CANNON”制作記21

氏、ターヘ楽団のコンマス。吉野君亡き後頑張っている。9回手創り弦楽器フェアでは自分作が間に合ず、篠田嬢のヴァイオリンを試奏してもらった。そのおかげか?篠田嬢が優勝した。キャノンもライニングを完成、天板のアウトラインもバンド・ソーも終えた。大分要領が解ってきた…。いよいよヴァイオリンのかたちが見えてくる。

南さんの”スリーピング・ビューティー”制作記4

氏も、2台目の”スリーピング・ビューティー”に 挑む、あくなき追求をするのがこの芸術である。更に自分の満足する音の追求には絶対手抜きが出来ない。C字ブロックを徹底追及する。基本の始まりである。

篠田さんの”BETTS”制作記1

篠田さん、チェロ2台、ヴァイオリン1台完成し、”第9回手創り弦楽器フェア”でまたまたヴァイオリン部門で最優秀賞を獲得。スピードだけでなく、内容でもみんなに認められる活躍であった。更に彼女のクリエイティブ魂に火がついた。ストラディヴァリ”BETTS”に挑むことになった。 すごいパワーである。早くもBETTSのこテンプレートから7mmの品ヴェニアにトレース,バンド・ソーで切り抜き、C字のコーナーブロックを削る。すごいパワーである。

東園さんの”Sleeping・Beauty"制作記16

今回2台目の”スリーピング・ビューティー”は渾身の力を込めて挑んでいる。1台目は”まーいいか?”の部分がどうしてもあったと、反省に立って挑む。この芸術の奥深さは、何台も創って解ってくる。ストラディヴァリも氏の本に切々と描いている。しかし彼は300年たった、今日の自分の音を知らない・・・。弦楽器制作のジレンマか??。ゾノさん、C字の側板曲げに2ヶ月挑んでいる。

古川さんのSTRAD制作記4

天板の”はぎ”簡単にこなす。5台目となると手慣れたものである。にかわの濃度の具合、はたがねの止める位置、それを外して、天板側のモールドを写す。5mmのワッシャーを使い輪郭を決める。さらにバンドそーで切り抜く。随分”プロ”になってきた・・・・?

おふくろの23回忌

StartFragment 小生も喜寿、だんだんこの場に近ずいてきた、おふくろの23回忌をこじんまりとやった。老師、もなくなり若和尚にバトンが渡されて、依然と変わらぬ、般若心経の合唱、脳にすっきりとシミ通る響き、ベートーベンの第9をやった時のそう快感であった。

篠田さんの”MESSIA”制作記21(完成編)

スーパー・ウーマン、篠田さん、わずか6ヶ月で”MESSIA”の完成である。指板を取り付け、アッパーサドルを形創り、弦を張っていよいよ完成・・・。みんなに祝福の拍手喝采。初めて試奏、さらにTさんに曲を試奏してもらう。

T 氏の”IL・CANNON”制作記20

天板の供部分を切り出し、1・5mmのライニングに加工する。C字部分から曲げ、全体に装着する。篠田さんの出来上がった”MESSIA”を試奏する、将来の自作”IL・CANNON"を思いながら・・・・。

倉沢氏の”MESSIA”制作記35

倉沢先生、銀座で産婦人科クリニックを経営するお医者さん、チェロ一台を制作し、メシアに挑戦している。天板のアンジュレーション、完璧に仕上げ。難しいF字孔の掘り込みにかかる。この作業は細いFをいかにきれいに掘り込み、Fの文字を浮かび上がらせる、極めて繊細な作業である。先生、片方をうまく掘り込み、片方に挑む・・・・。やった!!Fの先端かけた!!、逆目を意識することで解決できるところを?!・・・・・。さあ!!!、リカバリーをうまくやろう。

古川さんの”STRAD” 制作記3

氏もはや5台目の制作にいそしむ、地板の粗どりから地板裏削りまであっという間に終わった。天板の水平、直角だし、いとも簡単にまとめる。さらに難しい”ハギ”加工し天板の接着もあっという間に終わった。

アーカイブ
記事一覧

アーカイブ

鎌倉山弦楽器工房

神奈川県鎌倉市寺分2-26-12

☎︎ 0467-44-8665

✉︎ norisan@n-info.co.jp

  • Facebook - Grey Circle

お問い合わせ

工房に関するお問い合わせ、また生徒募集や見学などに関するお問い合わせもこちらからどうぞ。

©︎ 鎌倉山弦楽器工房 2020