大内さんの”ガスパロ・ダ・サロ”制作記1


新人、大内さんの登場である。氏、本来チェリストである。今回はヴィオラを創るということで、やってきた・・・・。ガスパロ・ダ・サロ、ヴィオラ奏者には絶大の人気モデルである。39cmとちょっと小型であるが、その分弾きやすい。アラベスク模様の象嵌も楽しい

作品である。氏、コピーからテンプレート完成。モールドを寸分違わず、コピーした。楽しいガスパロの制作の一歩である












アーカイブ