倉沢さんの”MESSIA”制作記35

倉沢さんもいよいよおお詰めに近付いてきた。天板をボディに止める、仕上がったネックを仕込む、ネックの”アリ”加工を施す、地板をつける。もうすぐ完成だ。ただしこの”アリ”加工が至難の業である。

東園さんの”Sleeping・Beauty ”制作記17

ゾノさん2台目のスリーピング・ビューティー制作である。苦労して、苦労して、5回目のトライでC字コーナー貼り終えた。この部分がチェロ制作第一の関門である。さあ!!あとは割と気楽な(アッパー・バウツ、アンダー・バウツ)の削り、曲げ加工、貼付が待っている。長期の旅行も終わってこれからが追い込みになる。

菊池さんの”DAVIDOV”制作記50

地板の厚みカンナ、スクレーパー、100番の紙やすりで、14年に初めてやっとここまで完成の域に到達した。6年ぶりの膠はがし、相当硬化している。モールドをはがすのに主に蒸気を使っての膠はがし。最後は強行手段でのこぎりを使う。うまくはがれていよいよ、出来上がった次は、地板の貼付となる。

篠田さんの”BETTES”制作記4

篠田嬢、水彩画、刺繍、ピアノ、ヴァイオリン制作、チェロ制作、ヴァイオリン演奏、チェロ演奏、八面六臂の趣味嗜好である。地板の厚み表通リにボール盤でガイド・ホールをあける。小カンナでガイド・ホールに沿って削っていく。篠田嬢仕事が早い、あっという間に地板のアンジュレーション仕上がる。続いて、天板の平面だし、バンドソーでのかたち切り出し。制作記4で、早くも出来上がりに近くなってきた。驚くべき,パワーである・・・・。

堀井さんの”DAVIDOV1/4”制作記5

氏、所属するオーケストラで、ブラームス1番、ワーグナー ジークフリード、に挑んでいる、”創って弾く”当工房是を地で行くストーリーを行ってくれる理想的生徒である。まず地板のラフ削りを終え、パフリングの、溝を掘る、さらにチャンネルを整えパーフリングを入れる。C字コーナーの難しい先端合わせ、なんとか通過した・・・。

若さあふれる!!

久しぶりに若い生徒が見学に来た・・・。若いし、行動力ある娘さんであると思う。ヴァイオリン、チェロを弾くことにも好奇心旺盛と見た。クレモナで修行することを勧める。

ゴルフ三昧

小生、社の会長を完璧に引退。暇になったため、昔取ったキネ柄。古い道具をひっぱり出して、マイコース”湘南カントリー”週一のペースで通うゴルフ三昧、さくら満開の中でのゴルフ、スカット、さわやか!しかし肝心のスコアーが 昔のようにはいかなくなっている・・・・? ゴルフがこんなに楽しいとは、もっと早くに気付けばよかったと思っている。

菊池さんの”DAVIDOV”制作記49

菊池さん、84歳。いまだに6階建てマンションの階段を、毎日、上り下りしてるという・・・!そういうスタミナ創りを実践することにより、アントニオ・ストヴァリデリ、の”ダヴィドフのチェロ”を4年がかりで創っている。ストラディヴァリは、90歳まで創り続けたという。菊池さん次はヴィオラ制作でストヴァリの年齢に到達する。氏の集大成が終わると公言しているが?

川口さんは調律師であった。

川口さんは、才能豊かな人である。懐石料理の教室で師範代を務め、老人用食の会社の専務をやり、ヴァイオリニストであり、ヴァイオリン制作家(小生のところでストラディヴァリの”BEETS”)を創っている。さらに、ヤマハ、河合楽器で長年、調律師をやっていたという。 3年ほどピアノの調律をしてなかった小生のピアノ。まさか、おもろい、明るい関西の芸人風生徒と思っていた、グっちゃんが!!?そこで調律をすると言うことで調律を頼んだ、ピアノが生き返ったような音色になった。能ある鷹はいろんな爪を隠していた・・・。驚いた。

篠田さんの”BETTS”制作記3

篠田さん、チェロ2台、ヴァイオリン2台目に挑戦だ!!とにかくヴァィタリテイーのある、お嬢である。ライニングを1・00mmX1・2mmに決め装着、地板のハギ、接着、さらにBETTS のかたちに切り抜く。裏側の平面だしと一気に進んだ・・・。

小林先生の”ガスパロ・ダ・サロ”ヴィオラ制作記1

07年から08年にかけて、2年がかりで、チェロ”ガリアーノ”を制作、第1回目の手創り弦楽器フェアに参加評判をとったチェロであった。久しぶりに来房。もともと青山学院管弦楽団のヴィオラ奏者であったお嬢。やはりヴィオラへの情熱が覚めない!”ガスパロ・ダ・サロ”のヴィオラを創ることとなった、先ずポスターから型をトレース。モールド創りのため6mmのシナベニアに写し、バンドソーで切り抜く。あっという間にモールドが出来上がった。

T氏の”IL・CANNON"制作記22

Tさんも大分制作に慣れてきて、ジャンジャン前に進んでいる。C字の出っ張りを整え、モールドの平面をだし、天板のアンジュレーションを再度確認する。測っては削り、計っては削りの繰り返し徐々に天板のかたちが整ってきた。

南さんの”スリーピング・ビューティー”制作記5

南さん、2台目の”スリーピング・ビューティー”ということで、自信持って細部に気を配りながら創っている。何が難しいって!このC字コーナーの曲げが最初の最難関と言ってもいい!ちょっと、力を入れたり気を抜くとポキッと折れる。慎重にいこう!!

古川さんの”STRAD”制作記5

すっかりベテランのヴァイオリン作家となってきた。ヴァイオリン1台 ヴィオラ1台、チェロ1台、さらにもう1台ヴァイオリンを創っている。時々、自分勝手に先走りする。ベテランだけに先へ先へと急ぐ。しかし順序が逆だったりする。パーフリングが後になったので急ぎその作業に入る。

第32回青山シンフォニー定期演奏会

青山シンフォニーに所属して35年、創設メンバーとして頑張ってきた。汐澤先生のもとみんな上手くなって、音楽を楽しんできた。ひとえに汐澤先生と、みんなの努力のおかげと思う。先生、この演奏会を最後の勇退されるという。小生も、2018年喜寿をもって引退していたのだが、今回先生の引退に伴い再度オンステージということになった。その間、近くのオケに、体験入団などしてみたが?音楽というのは気心の合ったみんなとやるということが重要であるということが遅ればせながら痛感した。青山のブランドイメージが重要であることがよくわかった次第である。汐澤先生との最高の思い出は、”カラヤン”が創ったベルリン・ホールでのベートーベン第9演奏会であった。地元のベルリン市民、日本から訪れた人々、嬉々としてベルリンホールの雰囲気を味わっていた。音楽のなんたるか?、を厳しく教えてもらった汐澤教授・・・。感謝感謝である。

アーカイブ
記事一覧

アーカイブ

鎌倉山弦楽器工房

神奈川県鎌倉市寺分2-26-12

☎︎ 0467-44-8665

✉︎ norisan@n-info.co.jp

  • Facebook - Grey Circle

お問い合わせ

工房に関するお問い合わせ、また生徒募集や見学などに関するお問い合わせもこちらからどうぞ。

©︎ 鎌倉山弦楽器工房 2020